スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<訃報>小林治雄さん84歳=毎日新聞に「ヒトクチ漫画」(毎日新聞)

 毎日新聞で約35年にわたり、風刺をきかせた「ヒトクチ漫画」を連載した漫画家の小林治雄(こばやし・はるお)さんが26日、心不全のため横浜市内の病院で死去した。84歳。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男泰一郎(たいいちろう)さん。

 山梨県出身。雑誌に投稿した漫画で注目を集め、毎日新聞に「フクちゃん」を連載していた横山隆一さんに勧められて1954年、「ヒトクチ漫画」の連載を開始。政治、経済、社会など、幅広い分野のニュースを題材にした1コマ漫画を描き続けた。この業績で73年、第19回文芸春秋漫画賞を受賞。89年まで「ヒトクチ漫画」の連載を続けた。他にスポーツニッポン新聞などでも風刺漫画を連載した。

「秘書寮建て終え返済」=07年の4億円、元秘書供述-小沢氏23日聴取・東京地検(時事通信)
2氏が届け出=津市長選(時事通信)
<陸山会土地購入>石川議員、手帳にホテル名 水谷側とずれ(毎日新聞)
鳩山首相 施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず(毎日新聞)
殺人の時効廃止 法制審部会 改正骨子案 進行中事件にも適用(産経新聞)
スポンサーサイト

<松戸女子大生殺害>ATMの男27日にも再逮捕 窃盗容疑(毎日新聞)

 千葉県松戸市のマンションで昨年10月、千葉大4年、荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され自室が放火された事件で、県警松戸署捜査本部は27日にも、荻野さんのキャッシュカードで現金を引き出した窃盗容疑で、無職の男(48)=強盗強姦(ごうかん)未遂罪などで起訴=を再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。男は「包丁で刺した」と、荻野さん殺害への関与を認める供述をしており、捜査本部は事件の全容解明に向けて本格的な取り調べを始める。

 捜査関係者によると、男は火災前日の昨年10月21日、荻野さんのカードを使い、JR松戸駅近くのATM(現金自動受払機)から現金約2万円を引き出し、盗んだ疑いが持たれている。「脅して暗証番号を聞いた」などと供述しているという。

 男は荻野さんを包丁で刺し、部屋に放火したことを認める内容の上申書を捜査本部に提出している。供述に基づき、現場近くからは凶器とみられる包丁が見つかった。【神足俊輔】

<マンション>管理組合積立金で業者処分急増、09年16件(毎日新聞)
デモ参加者に催涙スプレー 容疑の高3「かっとなった」(産経新聞)
新型ワクチン在庫、37都道府県で654万回分(読売新聞)
「財宝発掘」ファンド業者に処分勧告=出資金ずさん管理-監視委(時事通信)
<救急車連絡ミス>搬送男性が死亡 東京消防庁(毎日新聞)

小沢氏側にゼネコン60社、名簿15万人分提出(産経新聞)

 平成10年に実施された参院選をめぐり、民主党の小沢一郎幹事長の影響力が強いとされる東北地方の選挙区などで、ゼネコン各社が小沢氏側に有権者の名簿を提出、選挙事務所に人員を出すなど全面的に支援していたことが21日、産経新聞が入手した資料で明らかになった。なかでも東北で「談合仕切り役」とされた大手ゼネコンの鹿島は小沢氏の地元、岩手県だけで約1万5千人分の名簿を提出。小沢氏側が公共工事への影響力を背景に、ゼネコン業者を“集票マシン”として利用してきた実態が浮かんだ。

  [フォト]建設中の胆沢ダム。「小沢ダム」ともいわれるという

 産経新聞が入手したのは小沢氏が自由党党首だった10年の参院選の資料。

 それによると、大小のゼネコン計60社が、小沢氏のおひざ元の岩手など複数の選挙区で、計約15万人分の社員や親族ら有権者の名簿を提出していた。

 なかでも、鹿島は岩手で約1万5千人、他県も合わせて約2万5千人の名簿を提出し、その数は突出していた。また、鹿島を含め、この時期すでに事業が計画されていた胆沢(いさわ)ダムの工事を後に落札する元請けの全ゼネコンも多数の名簿を提出していた。

 小沢氏側は各社が提出した名簿をもとに、有権者への電話作戦を展開。投票への手応えを感じた順番に電話先を「A」「B」「C」「留守」などとランク付けしていた。各社の名簿に基づき、ランクごとの人数を詳細に記載、各社の“選挙実績”を記録していた。

 ゼネコン関係者によると、小沢氏側は関係する候補者の各事務所に応援要員を出すようゼネコン側に要求。指示を受けた大手ゼネコンの中には、自社の社員だけでなく、関連会社の社員や下請け業者の社員も派遣したところもあったという。この関係者は「『○○(ライバル会社)は応援に何人出している』などと、小沢氏側からあおられることもあった」と話す。

 小沢氏と選挙をめぐっては、検察側が昨年12月、西松建設の違法献金事件で起訴された小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)=別の政治資金規正法違反容疑で逮捕=の初公判で、「小沢事務所から工事受注の了解を得るため、その求めに応じて選挙を支援した」と指摘している。

 あるゼネコン元幹部は「われわれゼネコン業界は、小沢さんの選挙があれば応援を断るわけにはいかなかった」と振り返る。

 産経新聞では小沢氏の事務所にコメントを求めたが回答はなかった。

     ◇

  ゼネコン業者を総動員した小沢一郎氏の選挙手法が明らかになった。産経新聞がデータを入手した平成10年の参院選は、小沢氏にとって苦しい選挙戦だったといわれる。

 前年に小沢氏への党内反発から新進党が分裂。小沢氏は10年1月に自由党を結成したが、野党第1党の座を当時の民主党に奪われ、独自候補を擁立できない選挙区が続出するなど中央政界では苦境に立たされていた。

 しかし、ゼネコン各社は地元での影響力を保持し続けた小沢氏との関係を続けた。

 このときの参院選で自由党は、岩手選挙区に独自候補を立てず、推薦も行わなかった。にもかかわらずゼネコン各社は、鹿島を筆頭に計約3万5千人の名簿を提出している。

 同選挙区で当選したのは無所属の故椎名素夫氏だった。自民党推薦候補との事実上の一騎打ちだったが、小沢氏が椎名氏支援をにおわせたことでゼネコン票が椎名氏に流れ、選挙戦を制したとされる。また、やはり独自候補を出さなかった宮城でも5万5千人余りの名簿が集まった。

 苦境の小沢氏側に協力を続けた背景を、東北のゼネコン関係者は「(談合の仕切り役とされる)鹿島東北支店元幹部と小沢氏側の関係がある限り、号令がかかれば応援をしなければならなかった。時の政権が誰であろうと関係ない」と証言。当時の小沢事務所関係者は「自分たちがこれだけ(選挙支援を)しているという、業者から小沢氏側へのアピールだった」としている。

【関連記事】
また口先指揮権?小沢不動産事件で首相「起訴がないこと望む」
自民・不正資産追及チームが「小沢不動産ツアー」
不可解な小沢氏の説明 矛盾と謎を追う
中堅ゼネコン、小沢氏側に“資金提供” パー券購入も出席ゼロ
土地購入疑惑 ゼネコン一斉聴取 大久保被告「小沢氏指示で探す」

1票の格差2倍超、広島高裁も違憲判決(読売新聞)
<転落?>後藤真希さんの母親死亡 東京・江戸川区の自宅で(毎日新聞)
娘の裸撮影・販売、さらに1人逮捕=母親ら摘発13人に-宮城県警(時事通信)
<モンキードッグ>“猿害”は犬の力で 深刻な農作物被害で(毎日新聞)
郵便不正事件 27日に村木被告の初公判(産経新聞)

<火災>住宅全焼 姉妹2人焼死か 千葉・市原(毎日新聞)

 22日午前0時15分ごろ、千葉県市原市山田橋、会社員、奈佐(なさ)昭一さん(44)方から出火、木造2階建ての同住宅約100平方メートルを全焼、焼け跡から2人の遺体が見つかった。県警市原署は、連絡がつかなくなっている奈佐さんの長女優里香(ゆりか)さん(16)と三女栞(しおり)さん(12)とみて、身元確認を急いでいる。

 同署によると、奈佐さん方は5人暮らし。妻有子さん(44)と次女瞳さん(14)は逃げて無事だった。奈佐さんは出火当時、仕事から帰っていなかった。家族の一人が「1階のストーブがついていた」と話しているという。死亡した2人は2階で寝ており、逃げ遅れたらしい。

 現場はJR内房線五井駅の東約3キロの住宅街。【黒川晋史】

【関連ニュース】
火災:住宅全焼 72歳女性?死亡 愛知・豊田
火災:前橋で住宅全焼 59歳男性?死亡
火災:民家など全焼、2遺体を発見 鹿児島・枕崎
加湿器:中国製で発火や発煙事故 輸入元12万台リコール
火災:4階から71歳住民が飛び降り?死亡 横浜

赤信号通過のパトカー衝突=不審車追跡中、交差点で-兵庫(時事通信)
<火災>前橋で住宅全焼 59歳男性?死亡(毎日新聞)
車ナンバー「刻印」でバレた!ひき逃げ銀行員逮捕(読売新聞)
<神戸・女性不明>「中国籍の男が女性殺害示唆」遺棄容疑者(毎日新聞)
<再診料>時間外対応の診療所など加算 厚労省政務官が示唆(毎日新聞)

強盗殺人容疑で59歳男逮捕=東京・南青山の男性殺害-警視庁(時事通信)

 東京都港区南青山のマンション一室で昨年11月、定食店店長五十嵐信次さん=当時(74)=が殺害された事件で、警視庁赤坂署捜査本部は20日、強盗殺人容疑で、住所不定、無職伊能和夫容疑者(59)=器物損壊罪で起訴=を再逮捕した。同課によると、同容疑者は黙秘しているという。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
強盗殺人容疑で男再逮捕へ=マンションで男性殺害
ほかにも男2人が関与か=11年前の男性殺害
郵便局長、強盗に切られ重傷=刃物男逃走
郵便局で500万奪われる=男が局員に刃物

首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」(産経新聞)
インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向-感染研(時事通信)
「招福巻」は普通名称=イオンの使用認める-大阪高裁(時事通信)
【風】税収アップどこまで?(産経新聞)
重野幹事長の続投決定=国対委員長は先送り-社民党大会(時事通信)

「否認しても有罪」きっぱり言い切る元検事 足利再審(産経新聞)

 【元検事語る(6)】《宇都宮地裁で開かれている足利事件の再審第5回公判。菅家利和さん(63)を取り調べた森川大司・元検事の証人尋問が続く。弁護側の主尋問は、公判途中の平成4年12月7、8日に行われた取り調べに及んでいく》

 《菅家さんの主任弁護人を務める佐藤博史弁護士の厳しい追及は続く。森川元検事は証言台に手を乗せ、時折、記憶をたどるように天井を見上げては、質問に答えていく》

弁護側「菅家さんは(平成4年)12月3日に(宇都宮拘置支所に)戻ってきて、12月22日に第6回公判が予定されてましたね」

森川元検事「記憶が定かじゃありません」

弁護側「12月7日の(取り調べの)目的は、(足利事件ではなく)別件について本当のことを話してほしいということでしたね」

森川元検事「まあ、(テープで)そう言ってるのであれば、そうなんでしょうね」

弁護側「(菅家さんは)12月7日に(松田)真実ちゃん事件(足利事件)を全面否認しましたね」

森川元検事「はい」

弁護側「そのとき、(同年)1月28日の取り調べで、(長谷部)有美ちゃん(昭和59年の女児殺害事件)と(福島)万弥ちゃん事件(54年の女児殺害事件)を否認したけど、真実ちゃん(の事件)は自白したと言ってましたね」

森川元検事「ちょっと分からないですね…。そうなってるんだったら、それでいいです」

 《18年前の取り調べの内容をほとんど覚えていないという森川元検事。「テープでそう言っているなら」と繰り返す森川元検事に、菅家さんがにらむような視線を送る》

弁護側「(平成4年)1月28日に本件(足利事件)について、本当に自白したんですか? 菅家さんは沈黙し続けてましたね? (森川元検事は)有美ちゃん(事件)は否認したけど、真実ちゃん(事件)は自白したと説明してますね。でも、菅家さんは進んで認めてるわけじゃない。最後に『間違いない?』といわれて、『うん』と言ってる」

森川元検事「でも、そのときの態度を見て、(菅家さんが)うなずくことがあったと思います」

弁護側「テープを聞き直して確認したことは?」

森川元検事「記憶ないですね。(宇都宮)拘置支所での取り調べが工事でうるさかったので、ちゃんと録れてるかなと聞いたことはあります。でも、どのテープか分からないけど」

弁護側「1月28日の出来事は本当にそうだったか、確認しましたか?」

森川元検事「確認はしてないけど…」

 《佐藤弁護士の質問はますます熱を帯びてくる。証人尋問はいよいよ、菅家さんが全面否認に転じた平成4年12月7日の取り調べの核心に迫る。森川元検事もたじろぐことなく、佐藤弁護士の方に体を向け、堂々と質問に答えていく》

弁護側「12月7日の否認は調書にしてませんね?」

森川元検事「うーん。別にメモ取ったか。ちょっと分かりません」

弁護側「テープに録音したから、調書にしてないんですか?」

森川元検事「そういうわけではありません」

弁護側「(菅家さんの否認を)検事正や次席検事に報告しましたか?」

森川元検事「概括的な報告はしました」

弁護側「全面的に否認したと?」

森川元検事「ええ、まあ」

弁護側「誰にですか?」

森川元検事「次席検事に」

弁護側「検事正には?」

森川元検事「してません」

弁護側「12月7日のテープは、次席検事に渡しましたか?」

森川元検事「テープは私の独断で録ったもので、私の手元で保管していました」

 《佐藤弁護士の執拗(しつよう)な質問にいらだっているのか、森川元検事の声が次第に大きくなっていく。それに負けじと、佐藤弁護士も傍聴席によく通る大きな声で質問を続ける》

弁護側「(平成4年)12月8日の取り調べは、起訴後の取り調べとなり、違法ですね?」

森川元検事「ケース・バイ・ケースだと思いますけど」

弁護側「12月7日の否認は虚偽と判断したわけですね?」

森川元検事「はい。そう判断して、(12月)8日に取り調べたわけです」

弁護側「8日に『君と同じ体液を持つ人が、何人いると思っているの?』とDNA型鑑定を持ち出して追及してますね」

森川元検事「ちょっと、私、DNA型鑑定なんて言葉使いましたかね。そう書いてあるなら、そういうことで」

弁護側「当時、(DNA型が一致する人が栃木県)足利市内に50人いたという認識ありましたか?」

森川元検事「可能性としてありうるなと思っていました。それくらいは考えていたと思います。記憶が定かじゃないですが」

弁護側「本件ですが、自白がなくても、有罪にできる事件でしたか?」

森川元検事「捜査というものは、その過程で資料を収集するんです。否認しても起訴はできる。否認しても有罪だと私は思ってました」

 《否認しても有罪-。森川元検事はためらいもなく、きっぱりとそう言い切った。弁護人席で黙ってやりとりを聞いていた菅家さんは、森川元検事をじっと見つめたまま、大きく一度ため息をついた》

 =(7)に続く

【関連記事】
「(無実と思ったことは)ないです」元検事、当時の認識きっぱり 足利再審
18年ぶり対峙「反省していないのですか」と菅家さんの声に、元検事は謝罪せず 足利再審
「怖さが先立って…」別事件での自白を菅家さんが説明 足利再審
「うそを言ったことで間違いないね」念押す検察官 足利再審
「勘弁してください」泣いて“自白”してしまう菅家さん 足利再審 

寒さに負けず真剣勝負! ワカサギの氷上穴釣り解禁(産経新聞)
「検察リーク」で調査チーム=捜査や報道けん制の狙いも-民主(時事通信)
美と幽玄の世界 京都・壬生寺展始まる(産経新聞)
久保が先勝=将棋王将戦(時事通信)
財務省改革でチーム設置=4月までに具体策提言-菅財務相(時事通信)

<自民党>青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)

 自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)は18日、松江市で記者会見し、夏の参院選島根選挙区から5選を目指して立候補する意向を表明した。同党は参院選比例代表候補の「70歳定年」を定めるが、選挙区に定年はなく、執行部は近く青木氏を公認する。ただ、党内では衆院選の敗北を機に世代交代を求める声が出ており、山崎拓前副総裁(73)ら、比例代表で公認問題の決着が長引けば、党執行部批判が強まる可能性もある。【中田卓二、細谷拓海】

 青木氏の立候補は既定路線だったが、これまで進退を明らかにしていなかった。この日、党島根県連の選対委員会の推薦を受けて表明したのは、立候補に批判的な河野太郎国際局長らの世代交代論をかわす思惑もあるとみられている。

 会見で青木氏は「選挙区には70歳定年制はない。島根県は高齢県なので、私が第一線の中央政界で活躍すると、たくさんのお年寄りにも勇気をもたらすことになる」と高齢批判に反論した。自民党は07年に島根選挙区で議席を失っており、「どんなことがあってもこの1議席を守る」と決意を語った。

 青木氏は故竹下登元首相の秘書から島根県議を経て86年参院選で初当選。官房長官、党参院幹事長、党参院議員会長などを歴任し、与党時代には「参院のドン」と呼ばれた。

 青木氏を公認する一方で執行部は、衆院選で敗れた山崎氏や保岡興治元法相(70)の参院選比例代表へのくら替えは認めない方針だ。山崎氏が求めていた18日までに結論は出せず、宙に浮いた状態が続いている。

 青木氏と近く、比例代表での立候補に意欲を示す片山虎之助元総務相(74)の処遇も焦点だ。片山氏を70歳定年制の例外として比例代表で公認すれば、山崎氏との違いは説明しにくくなる。このため妥協策として片山氏に地元・岡山選挙区で再挑戦を促す案も浮上するが、同氏は比例代表にこだわる姿勢を変えていない。

 煮え切らない谷垣禎一総裁に対し小泉純一郎元首相は12日、「困ったときは原則に返れ。はっと目が覚めるような例外なら例外もあるだろう」と助言した。執行部は24日の党大会までに公認問題を決着させる考えだ。

【関連ニュース】
自民:山崎拓、保岡氏は公認せず 参院選比例で方針固める
参院選:山崎氏、参院選出馬の意思固く 自民執行部に苦悩
選挙:参院選 山崎拓氏らベテラン「出たい」 自民執行部、対応に苦慮
選挙:参院選 民主・広中氏くら替え 比例代表で立候補 /千葉
選挙:参院選 自民・中村氏、比例立候補へ 選挙区くら替え断念 /徳島

<新素材>98%水…医療などで利用期待 東大チームが開発(毎日新聞)
外国人参政権、谷垣氏も「反対」(産経新聞)
偽装献金、小沢氏問題で論戦へ=19日から代表質問(時事通信)
<小沢幹事長>「近々中に理解得られる状況作る」(毎日新聞)
「党大会に合わせた逮捕」小沢幹事長、検察と対決姿勢(産経新聞)

<人事>警察庁(18日)(毎日新聞)

 警察庁(18日)愛知県警本部長(内閣官房内閣参事官・内閣情報調査室)河辺有二▽内閣官房内閣参事官・内閣情報調査室(警備企画課長)塩川実喜夫▽北海道警本部長(内閣府大臣官房審議官・共生社会政策担当)殿川一郎▽内閣府大臣官房審議官・共生社会政策担当(特別捜査幹部研修所長)太田裕之▽三重県警本部長(内閣官房副長官補付)河合潔▽内閣官房副長官補付(外事課外事調整指導官)富田邦敬

診療報酬改定の課題、月内に取りまとめ―民主議連(医療介護CBニュース)
中学生大麻事件でガールズバーを捜索 神戸(産経新聞)
小沢氏に「どうぞ闘って」…首相一問一答(読売新聞)
鈴木宗男氏、検察と法相を批判(産経新聞)
鳩山首相、イバラの道 責任論は必至(産経新聞)

石川議員の元秘書、「秘書給与ピンハネ」疑惑も証言(産経新聞)

 自民党の勉強会に14日出席した民主党の石川知裕衆院議員の元秘書、金沢敬氏は、荒井聡首相補佐官(民主党衆院議員)が、自らと親しい人物を石川氏の公設第2秘書に登録させ、その給与が荒井氏側に渡っていたとも発言した。

 金沢氏によると、平成17年の衆院選で比例代表北海道ブロックの民主党次点になった石川氏が、道知事選出馬を目指していた荒井氏側に早期の議員辞職を要請。荒井氏側は「うちの人間を公設第2秘書として登録し、給与をバックしろ」と求めたという。

 19年3月、荒井氏の立候補で石川氏が繰り上げ当選すると、荒井氏が用意した人物が石川の公設第2秘書に登録された。しかし、この第2秘書の事務所での勤務実態はなく、石川氏側は給与をそのまま荒井氏に手渡していた-と説明した。

 この点について、荒井氏の事務所は14日、産経新聞の取材に対し、荒井氏の当時の秘書が石川氏の第2秘書に就いていたことは認めたが、勤務実態がなかったことや給与が荒井氏側に渡っていた点は否定した。石川氏の事務所も同様に否定した。

 金沢氏はまた、昨年の名古屋市長選で、民主党衆院議員で小沢一郎幹事長を支持するグループ「一新会」で「力があるMさん」が、河村たかし市長の選挙対策関係者に「裏の方」で200万円を渡していたと説明。金沢氏は「(河村氏側は)『190万円しかかからなかった。10万円の黒字になった』と話していた」と述べた。

【関連:陸山会など強制捜査】
石川議員元秘書、資料を隠してなければ「小沢先生含め全員逮捕だ」
不可解10億円分…「小沢氏名義」で億ション買いあさる
小沢氏「国民、理解してくれていると」13日夜のあいさつ全文
捜査不発なら…小沢氏支配さらに強まる? 息潜める政府・与党
「いまの民主党は大政翼賛会みたい」と渡部氏 捜査には言及せず

企業・団体献金禁止、福島氏前向き亀井氏慎重(読売新聞)
拉致解決「困難だが期待」=飯塚代表ら、米特使と面会(時事通信)
鳩山首相を縛る「小沢依存」…党内に危ぶむ声(読売新聞)
日米外相会談 米側は重ねて普天間問題で日米合意の履行を要求 日米同盟深化協議で合意(産経新聞)
<環境問題>経済優先のアジアでも関心高まる 博報堂調査(毎日新聞)

15年前から預金担保融資=担当者交代も継続-「偽装」小沢氏関与か・陸山会事件(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐる政治資金規正法違反事件で、同会が15年以上前から、6件の不動産購入時に、預金を担保とした不可解な融資を金融機関から受けていたことが16日、関係者の話で分かった。
 東京地検特捜部は、事件での預金担保融資は、裏金による土地購入を隠す偽装工作だったと判断。衆院議員石川知裕容疑者(36)ら担当者が交代する中、長年同じ手法が繰り返されていることから、同会代表者の小沢氏が当初から「偽装」にかかわっていた可能性があるとみているもようだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

西日本などで部分日食=日没直前、那覇で最大6割(時事通信)
声優郷里大輔さん自殺か=「キン肉マン」ロビンマスク役-東京(時事通信)
温暖化対策 気象キャスター18人が呼び掛け(毎日新聞)
小沢幹事長、無言で町村会館を出る(産経新聞)
「不用品片づけます」で高額請求  警視庁、無許可ごみ収集業者8人逮捕(産経新聞)

苦しいときの神頼み 受験、就職…“験担ぎ”事情(産経新聞)

 受験シーズン到来で、今年もさまざまな“験担ぎ”商品が大にぎわいだ。あやかり切符を発売する鉄道会社にとって、受験生支援は旅客誘致や知名度アップから期待大。景気回復が見えない状況も手伝って、受験、就職…と苦しいときの神頼みがちまたにあふれている。(日出間和貴)

                   ◇

 ◆まとめ買いの教諭も

 鉄道の駅名には、幸運を呼び寄せるネーミングが各地にある。横浜近郊を走る相模鉄道(本社・横浜市西区)の「ゆめが丘-希望ケ丘」間の乗車券(通称「ゆめきぼ切符」、大人260円)もその一つ。この乗車券を使って両駅を実際に利用する客はほとんどいないという。しかし、受験シーズンを迎えると切符の売れ行きは一気に加速する。

 今シーズンは2万5千セットを準備。昨年12月28日から3月末までは両駅間の乗車券を買うと、絵馬と卓上カレンダーがついてくるとあって、クラス分まとめて買い求める教諭もいるという。

 「ゆめきぼ切符は年間を通じて販売していますが、その多くが1月に集中する。就職を控えた学生のほか、幸せになりたいと絵馬に願いを込める人も多い。夢と希望を持ちたいのは受験生に限りません」と相鉄ホールディングス業務推進室。

 相鉄グループは「合格祈願サイト」を充実させたほか、二俣川駅のおにぎり店では「合格おにぎりパック」を今月18日から発売するなどグループ挙げて受験生らを支援する。

 ◆定番のコアラ

 航空会社とのユニークなタイアップ企画もある。京浜急行電鉄(本社・東京都港区)は全日空と共同で2月末日まで、ANA国内線で羽田空港に到着した受験生を対象にした「合格祈願絵馬きっぷ」を販売している。受験生支援のため、搭乗券と受験票の提示が必要。京急線「羽田空港-品川(または横浜)」間を通常より割安(最大340円割引)で購入できる「絵馬きっぷ」は、羽田空港近くの神社で祈祷(きとう)済みという念の入れようだ。

 動物にあやかった応援グッズでは、「(木から)落ちない」験担ぎからコアラが相変わらず評判だ。

 こども動物自然公園(埼玉県東松山市)では「四天王御守」が今シーズンからお目見え。定番のコアラに加え、レッサーパンダ、フタユビナマケモノ、カナダヤマアラシを「落ちない四天王」として仲間入り。お札やコアラのフンで作ったストラップ、ユーカリの葉がセットになって1袋500円。

 地方発の受験応援グッズにも人気商品がある。青森県田舎館村の「工房まる一」は2年前から、津軽塗の滑らない技法を施した「すべらない五角鉛筆」を販売。3本入り1050円とやや割高だが、津軽塗という異色さが手伝って評判は全国に拡大中だ。

 「仕事にしている漆器を何かに生かしたいと考え、いとこの受験の応援のために作り始めた」と工房を主宰する漆芸家の工藤広一さん。全国各地の受験生の親や祖父母からの問い合わせや注文が相次ぎ、この年末年始も休日返上で発送に追われたという。

                   ◇

 ■語呂合わせにシフト

 受験生の合格祈願の習俗は、学問の神を祭った神社の信仰から「語呂合わせ」や「あやかり精神」に訴える受験グッズにシフトしている。絵馬はかつて、願い事を書いて神社に奉納するのが正しい作法だったが、今は駅やデパートにも奉納するスペースができている。

 作家の山下柚実(ゆみ)さんは「科学技術が発達しても、現代人は『神秘』や『呪術(じゅじゅつ)的行為』にひかれる感性を喪失していない。験担ぎも私たちの精神に残る感性の一つだと思う。若い人たちの心はみずみずしく柔らかいので、そうした行為が素直に外へ出てくるのではないか」と分析する。

オーチス社員に罰金50万円=地下鉄エスカレーター事故-名古屋簡裁(時事通信)
落語家の春風亭栄橋さん死去(時事通信)
【日米外相会談】同盟の亀裂を回避 依然残る米側の不信感(産経新聞)
普天間「決断、知事にお願いするかも」 平野官房長官、会談で表明(産経新聞)
首相動静(1月14日)(時事通信)

子ども手当負担「事前に話ない」知事会長が批判(読売新聞)

 長妻厚生労働相は13日、厚労省で全国知事会の麻生渡会長(福岡県知事)ら地方6団体の各会長と面会し、6月から支給する子ども手当の財源の一部を地方自治体が負担することになったことを陳謝した。

 6団体側からは、国の姿勢を批判する声が相次いだ。

 子ども手当支給は、2010年度は地方も財源を負担する児童手当制度に新制度を上乗せする形で行われる。これについて長妻氏は「全額国庫負担で実施すべきだと考えていたが、今回のような形になった。地方の意見を十分に聞けなかったことについて深くおわびする」と述べた。

 その上で、制度の見直しを行うことになっている11年度に向け、地方負担のあり方を再検討するとして、地方側の理解と協力を求めた。

 これに対し、麻生氏が、「事前に話がなかった。非常に遺憾だ」と不満を表明したほか、「国と地方の信頼関係を失うことになる」(山本文男・全国町村会長)、「変則的で分かりにくい」(五本幸正・全国市議会議長会長)などの指摘が相次いだ。

土地購入問題 小沢氏近く聴取 不要な融資 個人資金隠し?(産経新聞)
民主党組織対策費22億円 首相「違法性ない」(産経新聞)
日米外相会談 「普天間のトゲ」露呈 くすぶる米の不信感(産経新聞)
使用停止命令を解除=柏崎原発1、5号機-新潟(時事通信)
岐阜ヘリ墜落 知事が事故当夜に宴席 女性幹部との懇親会(毎日新聞)

土地購入代にゼネコン資金=水谷建設提供の5千万円-特捜部が判断・小沢氏団体問題(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる問題で、約4億円の購入資金の一部は、中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)からの裏献金だった疑いの強いことが8日、関係者の話で分かった。複数の同社幹部らが、当時の事務担当だった石川知裕衆院議員(36)に現金5000万円を渡したと供述しており、東京地検特捜部もこの現金が購入資金に充てられたと判断しているもようだ。
 石川議員は土地購入資金の約4億円について、「小沢氏から個人資金の貸し付けを受けた」と供述したが、特捜部は信用性に疑いがあるとみて、来週にも再聴取して追及する。小沢氏の任意聴取でも、購入資金の性格について説明を求める方針。
 関係者によると、水谷建設の元幹部と幹部は、特捜部の事情聴取に対し、石川議員に2004年10月中旬、現金5000万円を渡したと供述した。このほか、複数の水谷建設の周辺関係者も、5000万円の提供を認めたという。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

まさよしのブログ
x2tqg0luのブログ
d0osw6hgのブログ
よしあきのブログ
料理の鉄人

国保医療費、広島と沖縄で1.6倍の差(医療介護CBニュース)

 1人当たりの国民健康保険医療費が最も高い都道府県は広島で、最も低い沖縄との格差が約1.6倍であることが、厚生労働省が1月8日に公表した2007年度医療費マップで分かった。

【2007年度都道府県別一人当たり実績医療費詳細】


 医療費マップは、厚労省が1人当たりの国民健康保険医療費などを都道府県別にまとめ、地図として表したもので、年に1回公表している。
 今回まとまった07年度のマップによると、1人当たり国保医療費(実績)の全国平均は40万7000円で、06年度の39万円から1万7000円上昇した。

 都道府県別に見ると、最高は広島の51万8000円(前年度比2万4000円増)で、以下は05、06年度トップだった高知の51万7000円(同2万円増)、山口51万6000円(同2万1000円増)と続いた。また、2000年度以来、5年連続で最高だった北海道は、50万3000円(同1万7000円増)で5位だった。
 一方、沖縄は33万円(同1万8000円増)で、2000年度以来8年連続で最も低くなった。千葉33万2000円(同1万6000円増)、埼玉33万8000円(同1万6000円増)も低く、最高の広島と最低の沖縄の間には、単純計算で約1.6倍(18万8000円)の差が見られた。

 また、年齢による影響を除いた1人当たりの保険給付費は、福岡が最も高く、次いで徳島、北海道と続いた。一方、最低だったのは千葉で、長野、静岡も低かった。1人当たりの国保医療費が最高だった広島は5位、最低の沖縄は20位だった。


【関連記事】
国保組合への国庫補助、初の実態調査結果を公表―厚労省
国民健康保険診療施設数は6年連続の減少
後期高齢者、昨年度の医療費は約11.3兆円
国保の保健事業で初会合―厚労省懇談会
国保医療費は“西高東低”

けんじのブログ
とものブログ
クレジットカード現金化 比較
競馬情報
出会いランキング

<かるた>西郷六段が12連覇 名人位戦(毎日新聞)

 小倉百人一首の日本一を競う「第56期名人位・第54期クイーン位決定戦」(全日本かるた協会主催)が9日、大津市の近江神宮であった。名人位戦は史上最多11連覇中の永世名人、西郷直樹六段(31)=東京都葛飾区=が挑戦者の会社員、三好輝明七段(26)=福井県越前市=に3勝2敗で逆転勝利。前人未到の記録を更新し12連覇を達成した。クイーン位戦は、永世クイーンの立命館大2年、楠木早紀六段(20)=京都市上京区=が、2度目の挑戦となる吉峰翼六段(27)=埼玉県戸田市=に2勝0敗で勝利。6連覇を果たした。

【関連ニュース】
かるた始め式:平安装束の「かるた姫」ら…京都・八坂神社
注目ドラマ紹介:成海璃子、初の時代劇でかるた好きの町娘に NHK「咲くやこの花」
まちかど:競技かるた女王に挑戦 吉峰翼さん、戸田市長を表敬 /埼玉
楽しむナビ:百人一首かるたで遊びたい。
新春かるた大会:華やかに争奪--米子南高 /鳥取

f6p35crjのブログ
バリバリサラリーマンでがんばるぞ
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化

「密約」取りまとめ延期=外相経験者から聞き取りも-有識者委(時事通信)

 日米間の核持ち込みなどの「密約」問題を検証している外務省の有識者委員会(座長・北岡伸一東大教授)は12日までに、当初予定していた1月中の報告書の取りまとめ時期を2月下旬に延期することを決めた。密約の存在を確認する文書の精査や同省OBら関係者からの聞き取り調査に時間がかかっているため。
 同省のこれまでの内部調査で、米軍の核搭載艦船や航空機の寄港・通過の黙認と、朝鮮半島有事の際の在日米軍基地の自由使用に関する密約の存在を裏付ける文書を確認。また、沖縄の核再持ち込みに関する密約文書を、佐藤栄作元首相の遺族が保管していたことも明らかになった。
 有識者委員会では、これらの資料を基に、密約が交わされたとされる当時の時代背景を分析するとともに、現在も効力を有するかなどを検証しているが、関係文書が多岐にわたり、解明が遅れているのが現状だ。同委では作業を促進させるため、今後は歴代の外相経験者からの聞き取り調査も検討する。北岡座長は近く、岡田克也外相にこうした方針を報告する。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

バリバリベビーシッターでがんばるぞ
x5o68bysのブログ
無料ホームページ
自己破産
クレジットカード現金化

陳謝は「心境の吐露」=小沢氏会見で首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日夕、民主党の小沢一郎幹事長が自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる問題で国民に陳謝したことについて「小沢幹事長の心境の吐露だと思っている」と語った。小沢氏が同日の記者会見で土地購入問題の説明をしなかったことに関しては、「捜査に影響を与えてはいけない。そのことのために発言を控えていると思う」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

JOJOファンタジスタ
タマの玉手箱
即日現金化
現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化

<訃報>山元勉さん77歳=元民主党衆院議員(毎日新聞)

 山元勉さん77歳(やまもと・つとむ=元民主党衆院議員)4日、上咽頭(いんとう)がんのため死去。葬儀は親族だけで済ませた。喪主は長男英明(ひであき)さん。

 90年の衆院選で滋賀全県区に社会党から出馬し初当選。96年に民主党に転じた。計4期務め、環境政務次官などを歴任した。

お宝発掘探検隊
n803t2tsの日記ブログ管理ツール
クレジットカード現金化
ネイルサロン
ライブチャット

<水俣病>「10月目標に体制整える」分社化でチッソ社長(毎日新聞)

 水俣病の原因企業チッソ(東京都)が、水俣病被害者救済特別措置法に盛り込まれた同社の分社化について「10月1日を目標に社内の体制を整える」との方針を示したことが、8日分かった。後藤舜吉会長が、今月発行した社内報の年頭所感で明らかにした。法に基づく救済措置の内容が決まる前にチッソが分社化に向けた準備日程を示したことに、患者団体は「加害責任の自覚がない」と反発している。

 後藤会長は「今年は待望久しい分社化元年。救済措置の具体的な中身が決定すれば、すぐに分社化への手続きに入る」との考えを示した上で、事業を引き継ぐ新社の営業開始時期について「できれば10月1日を目標に体制を整えておく」とした。

 また後藤会長は「水俣病の桎梏(しっこく)(足かせと手かせ、自由を束縛するものの意味)から解放されることで経営は安定し、社員のモラールも向上する」とも述べた。【西貴晴】

【関連ニュース】
水俣病:対象地域外でも救済 一時金の額明示せず…環境省
水俣病救済:田島副環境相、年末に熊本県を再度訪問
水俣病:救済枠を拡大 対象地域外などを考慮--国が方針
水俣病:未認定患者救済問題 69年以降除外やむなし--副環境相
仕事始め:「踏み込んだ仕事を」 知事、職員に奮起促す /熊本

ひでおのブログ
My Road
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
現金化

<スポーツゴミ拾い>「I LOVE SNOW エコ・アクション」参加者募集(毎日新聞)

 財団法人全日本スキー連盟(東京都渋谷区、伊藤義郎会長)は11日、東京都渋谷区の代々木公園で開催される「I LOVE SNOW エコ・アクション」への参加者を募集している。

 イベントは、1911年、オーストリア・ハンガリーの武官、テオドール・フォン・レルヒ少佐が日本の軍人(歩兵第58連隊)にはじめてスキーを指導した日である1月12日を記念し制定された「スキーの日」の前日に開催。チーム対抗で代々木公園周辺のゴミを拾い、ゴミの量と種類で得点を競う「スポーツゴミ拾い」などを実施し、スノースポーツを通した社会貢献をアピールする。

 イベントは午後0時~3時半。無料。詳しくは、「I LOVE SNOW」オフィシャルホームページ(http://www.ilovesnow.jp/)。

でんのブログ
まさひろのブログ
出会いランキング
パチンコ攻略
競馬サイト

初売りの銀座、驚く買い物客ら=3億円窃盗事件で-東京(時事通信)

 東京・銀座の時計・貴金属店「天賞堂銀座本店」で高級ブランドの腕時計約200点(約3億円相当)が盗まれた事件で、同店前には2日午後、赤色灯を付けたパトカー4、5台が集まり、警察官数人が規制線を張り、周辺の警備に当たるなど物々しい雰囲気に包まれた。初売り目当てに銀座を訪れた多くの買い物客は驚いて立ち止まり、中には集まった報道陣に「何かあったんですか」と尋ねる女性もいた。
 晴海通りに面した同店入り口には「都合により本日はお休みします」と書いた看板が立てられ、従業員とみられる男性が時折、足早に出入りしていた。
 同店前を通りかかった女性は「(天賞堂は)昔からある有名な店。1年ほど前にも銀座の宝飾店で似たような事件があったが、またあったのか」と顔をしかめた。
 千葉県から来たという40代の女性は「銀座の店でセキュリティーもしっかりしてるはずなのにどうして」と首をかしげた。 

【関連ニュース】
銀座・貴金属店で高級腕時計盗難=200点、被害3億円相当か
5000万円相当宝石盗難=未明のショッピングセンター
博物館で金貨盗難=大分
薬局から1500万円盗まれる=福岡
パチンコ店強盗、男3人逮捕=売上金147万奪う

コミケランド
zuzgngztnsのブログ
クレジットカード現金化 還元率
パチンコ攻略
競馬サイト

「通りの名称、元日からイッキに変更」の困惑(レスポンス)

フランスのある村では、元日に村内の通り名を一気に変更することになり、波紋が広がっている。ラジオ局「ユーロップ1」が12月28日に伝えた。

問題の舞台は、フランス南西部ボルドー地方ジロンド県のラ・ソーヴ村。村内の主要道を含む10数本の通り名を2010年1月1日をもって同時に変更するというもので、同村の村議会が決定した。

従来の「教会(エグリーズ)通り」を「サンピエール教会通り」にするといったように、目印となる建物の名称を、より正確に通り名に反映するのが目的という。ところがその“影響”で、従来から存在した「サンピエール通り」は、敢えて別の名称に置き換えられるといった混乱が数々生じることになった。

そのため住民からは、「高齢者が混乱する」「緊急車両を呼ぶときに混乱が生じる」「カーナビの情報と違いが生じる」といった数々の反対意見が上がったが、村は表示板変更の費用などに、予算5000ユーロ(約66万円)を計上した。

ヨーロッパを旅行した読者ならおわかりのとおり、フランスにおいても通り名は目的地をさがすうえで重要な手がかりとなる。ラ・ソーヴ村自体は人口約1300人にとどまるものの、周辺はワイナリーやユネスコ世界遺産に指定された修道院などがあるため、観光客の混乱も予想される。

そもそも住民にとって、通り名は住所表示でもある。この不景気のなか、商店のハンコを作り直したり、名刺を刷り直さなければならない村民が大変であろう。

《レスポンス 大矢アキオ》

【関連記事】
観光地の渋滞、所要時間40倍も…全国一激しいのはここ
【デリーモーターショー10】トヨタの新興国向け新型車、その名は エティオス
注目の記事 特別編集

null
f0k6d41nの日記ブログ管理ツール
クレジットカード現金化 即日
ライブチャット
債務整理
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。